古材日和のオリジナル 古材カウンター&テーブル用の天板。
100年間、古民家や蔵などの構造材として働き、乾燥熟成された古材を再利用した完全オリジナルの天板材です。
材種は主に杢目の美しい栗・欅・桜などの広葉樹を使用し、更に材種をミックスすれば様々な杢目を一度に楽しむこともできます。

角材を再製材し、表面はプレーナーを掛けるため古材独特の風合いは無くなりますが、寸法も安定し表面のざらつきがない分上品に仕上がり用途が広がります。   
また所々釘跡なども残り、お好みで両サイド2面に古材面を付けることも出来るので古材感は損ないません。
あえて埋木などに違う樹種を使用すれば、無垢材独特の変化を楽しめます。



建具職人によって丁寧に作られた天板はお好みの寸法で製作可能。
また、700x600x40mm はカフェやビストロの天板に使いやすい寸法となっております。
製作方法等、お気軽にお問い合わせください。 別途、塗装なども承っております。



商品詳細

□    材種は、栗・欅・桜などの広葉樹
□    基本仕様は、幅接ぎ・長さ接ぎになります。(角は糸面取り)
□    表面には埋め木処理の他、ワレ・釘跡・キズ・虫穴・欠き込みなどが残ります。
□    古材面は側面二面に残すことができます。
□    製材しても古材には変わりありませんので、加工後も、ひび割れや反りが発生する可能性があります。

天板タイプ

■ TB 700    700×600×40程度
■ TB 1600   1600×800×45程度

カウンタータイプ

◆ CT 2000  2000×450×45程度
◆ CT 3000   3000×600×45程度

★基本的に全て受注生産になります。 サイズや施工方法などはお問い合わせ下さい。