古材販売、古民家再生

古材丸太
古材丸太

古材丸太

商品詳細
古材でもっともポピュラーな丸太。その形、表情は千差万別。スラッと穏やかなものもあれば、曲がりくねって暴れているもの、、、凹凸のないプレーンな表情のものもあれば、大工さんが刻んだ模様が入ったもの、、、1本1本全てがそれぞれの個性をもつ、まさに古材らしい古材です。人間のように個性あふれる丸太から、みなさんと相性のいい古材を見つけてください。

 

古材丸太1面カット
古材丸太1面カット

商品詳細
丸太の1方を製材(カット)して作られるこの形、主に施工の際の設置面を安定させる為にもちいられます。天井に丸太をつけたい、壁に丸太をつけたい、といった場合に、丸太のままでは曲面ですのできちんと設置できません。そこで1面をカットして平面をつけるのです。丸太が天井や壁に埋め込まれているかのように、見事な収まりとなります。

■ 付梁(つけばり)
天井に設置する為、丸太の1面をカットしたもの。既存の天井に貼り付けるリフォームの為に製作しました。完成後は写真の通り、天井の中に古材が埋め込まれている様です。
■付梁(つけばり)
上記同様、天井に設置する為、丸太の1面をカットしたもの。上記より丸太部分を多く見せている為、カット部分が少ないタイプです。

 

古材タイコ
古材タイコ

丸太の両サイドに平面がついているもの、これを「タイコ」型といいます。丸太の両サイドを製材(カット)して作られます。古材丸太の両サイドを製材してタイコ型にすることにより、用途が広がると同時に、扱いやすさも向上します。 丸太のままでは扱いが難しい、壁圧などの都合で決まった厚みにしたい、そんな時にタイコ型がぴったりです。


■写真1

店舗で柱として使用する為の古材。決まった壁厚の中に収める必要があり、タイコ型にカットしました。

こちらのお店でご覧いただけます
Hi-sa 東京都新宿区
(上記リンク先 http://www.hi-sa.jp/space.html
■写真2

商品展示用の棚(カウンター)としての古材。巾を少し広めにとりました。
■写真3

タイコにカットした古材を塗装したもの。塗装によりカット面の色も古材面と分別がつかなくなり、もともとあった古材の様です。

 

古材丸太3面カット
古材丸太3面カット

商品詳細
丸太の3方を製材(カット)して作られるこの形、実はいろんな用途につかえるのです。付梁、カウンター、框 etc、、、向きを変えていくと、そのイメージが沸いてきます。3方カットしますので、巾、厚みもほぼ思い通りの寸法に仕上げられます。古材面は1面なのですが、その1面が逆に強調され、古材らしい風合いは十分味わえます。古材を使った加工品の製作にもってこいの形です。

■框(かまち)
住宅の框として製作した、豪快な一品。框は3面が平面なければ設置ができない為、3面カットの代表的な用途です。
■付梁
厚みの薄い3面カットでつくった付梁です。天井に貼り付けること、巾を均一にすること、という条件をクリアーする為、3面カットで対応しました。
■手すり
丸太を3方カットして、手摺をつくりました。手摺ほどの細い丸太は古材ではなかなかありませんし、太さも均一ではないので、3面カットにて製作したものです。

お見積・お問合せ
下記フォームより必要事項をご記入頂きお申込み下さい。
■お見積・お問合せ依頼
面積、寸法、形など、及び、納品予定場所、納品予定時期を、ご明記ください。追ってご連絡いたします。また、図面・スケッチ等、e-mail・FAXにて送付いただける方は御願い致します。

▲このページのトップへ

お見積もりフォーム

*印は必須項目です。
*ご氏名 :
*ふりがな
*貴社名
(個人の方は”個人”
とご明記下さい)
*ご住所 郵便番号
*メール
*電話
FAX
*数量:
*納品予定時期: 例) ○○年○○月○○日頃
*納品予定場所:
*お問い合わせ内容
古材のイメージ、詳細(面積、寸法、形など)その他ご質問等ご記入下さい 
*お知らせメールをお送りしてもよろしいでしょうか?
Yes    No
●カウンター材、家具など、古材の製材・加工も注文に応じてお受け致します。
●参考になるような写真がございましたら下記メール、または郵便にてお送りください。
お問い合わせ:

■関東・北陸〜九州担当
塚田木材株式会社
762-0046 香川県坂出市富士見町1丁目2-19
TEL 0877-35-8177  FAX 0877-46-5205
E-mail toiawase@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 塚田浩之 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)

 

■北海道・東北担当
有限会社 高橋林業
019-2625 秋田県秋田市河辺北野田高屋字黒沼下堤下46-11
TEL 018-882-3504  FAX 018-882-4583
E-mail tohoku@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 高橋裕之 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)

 

■中部・関西担当
丸和産業株式会社
527-0086 滋賀県東近江市上平木町2396-1
TEL 0748-23-2211  FAX 0748-24-2026
E-mail chubu@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 山田 洋 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)

 

■東京板材ショールーム&ショップ
濱本木材株式会社
136-0082 東京都江東区新木場3-3-4
TEL 03-3521-7211  FAX 03-3521-7214
E-mail tokyo@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 濱本 敦子 (お電話の場合は、古材担当者とお伝えください)

 

■九州担当
有限会社 佐藤木材店
811-3406 福岡県宗像市稲元2-5-16
TEL 0940-32-3416  FAX 0940-32-3416
E-mail kyushu@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 佐藤 基久 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)


▲このページのトップへ

古材に触れに来てください。

当社で扱っている商品は、どれをとっても世界にひとつしかない1点もの。
それぞれの古材が、それぞれの質感と温もりを持っています。是非当社倉庫でたくさんの古材に触れてみてください。古材見学について詳しく見る>>