古材日和スタッフブログ

先週に引き続き日本人に好まれる古材オークの施工事例です。
今回ご紹介するのは 全米最大古材メーカー パイオニアミルワークス社製のオーク。
アメリカ北東部の古い農場納屋に使われていたオークを加工したフローリングです。 ノコ目跡が所々に残り
フローリングは勿論のこと、 壁面やテーブルの天板など用途は様々。  
この「ノコ目跡」というのが好きな人多いんですよね~~。


オーク


真っ黒に塗装されたオークのフェンスウッドブラック。 こちらは牧場用フェンスに使われていました。 
黒いペイントが力強さを与えますが主張しすぎず見てて飽きることがありません。


フェンスウッドブラック



黒い塗装面とプレーナーが当たった木肌とが入り混じる ブラック&タン 50/50。  
先ほどのフェンスウッドブラックの中から良材を選定し、フローリングに仕上げた商品です。  
バームクーヘンで有名なたねやさんの店舗 ラ コリーナ近江八幡のフローリングにも使って頂きました。


ブラック&タン 50/50




最後は牧場用フェンスの白バージョン。 エイジングでは作りだせない所々剥がれ落ちたペイント部分が特徴です。
「西海岸のような」明るく爽やかなイメージに仕上げたい方にはお勧めの商品です。


フェンスウッドホワイト



どのオークを使ってどんなイメージに仕上げたいか?  
参考にしてみてくださいね!

古材日和・東京


RECENT

CATEGORY

ARCHIVES