古材日和グループとは

古材の収集・販売を目的とした全国5社で組織された企業グループです。

事業理念

古材事業を通じて、携わる全ての人々の幸福を追求し、社会の進歩発展に貢献すること。

行動指針

古材の本質を見極め、その素晴らしさを表現し、皆様へお伝えすることが私たちの使命です。
古材日和グループは単なる事業として古材に関わるのではなく、事業を通じて携わる全ての人々の幸福を追求していきます。またその上で、木材の再利用による環境問題への取り組みや、地域社会への貢献を目指し、日々努力を重ねていくことを宣言いたします。

私達の想い

古材は”時間”という概念をもった類まれなる素材。
しかしながら、その魅力を十分表現しきれず、現在ではそのほとんどが廃棄処分されつつあります。
私たちはその状況を放置しておくことはできません。
何故なら、私たちは、古材を木材のダイヤモンドだと考えているからです。
長い時間を経て完成された趣ある表情はもちろん、その中身は乾燥がゆきとどき、強度が増し、素材としても素晴らしいものなのです。
私たちはその原石の本質を見極め、その素晴らしさを表現し、皆様へお伝えすることが使命と考え、古材と日々真剣に向き合っています。
古材の様々な表情をお見せすること、そしてまた私達の取り組みをお伝えすることで、皆様に古材の新しい可能性と魅力を発見いただければと思っています。 日々進歩する古材の世界をご堪能ください。

古材日和のロゴについて

ロゴ 古材日和の「古」と「日」を組み合わせたもの

グループ詳細情報

グループ本部 & 関東・国内統括担当 塚田木材株式会社

塚田木材株式会社
〒762-0046 香川県坂出市富士見町1丁目2-19
TEL:0877-35-8177 FAX:0877-46-5205
営業時間:平日8:00~17:00、土8:00~12:00
定休日:土(午後)、日祝日
担当:塚田浩之
(お電話の場合は古材担当者とお伝え下さい)

会社概略

創立1903年、製材業者として創業、100年以上に渡り木材業に携わっております。約6000㎡の敷地に製材工場を保有、木材の販売だけでなく加工も行っています。古材事業、デッキ材事業、製材加工事業、を主に事業を構成しており、全国各地に販売しております。

担当者概略

古材日和グループ創業者。大学では金属工学を学び、就職後は商社のIT部門で通信システムの統括、海外メーカー品の輸入販売を担当、2000年入社、現在5代目代表を務める。木材とは異なる分野に身を置いたことが功を奏し、古材という木材の新しい価値に注目、古材事業をスターとさせた。プライベートではテニスと子育てに奮闘中。

北海道・東北担当 有限会社 高橋林業

有限会社 高橋林業
〒019-2625 秋田県秋田市河辺北野田高屋字黒沼下堤下46-11
TEL:018-882-3504 FAX:018-882-4583
担当:高橋裕之
(お電話の場合は古材担当者とお伝え下さい)

会社概略

昭和 61 年 高橋木材(秋田県)、高橋林業(山形県)を合併し有限会社 高橋林業を創立。
本社業務(秋田県):木材・新建材・建築資材・住宅設備機器等の販売・建築工事全般・一級建築士事務所・秋田県産杉の販売
オンラインサイト:古材事業・古材買取を踏まえた解体工事・古材活用建築の設計・施工
支店業務(山形県):国有林・民有林の原木伐採及び搬出の請負、並びに仕入販売

担当者概略

宮城県仙台市で学生生活を送り、店舗インテリアデザイン系の会社を経て、平成6年に高橋林業へ入社。
祖父の代から続く林業と、父が築き上げた材木屋の三代目として修行しつつ、今ひとつ満たされない毎日を過ごしていく中で、ある時ふと『設計屋さん』になりたかった夢を思い出し、一級建築士免許を取得しました。その時から、設計の奥深さに驚きと感動の連続です。
現在は秋田県の誇る建築材、杉のエリート「秋田杉」と、古い民家の木材の再利用を目的とした「古材」の販売を、インターネット上にサイトを開設して全国展開しております。
一級建築士・宅地建物取引主任者

中部・関西担当 丸和産業株式会社

丸和産業株式会社
〒527-0086 滋賀県東近江市上平木町2396-1
TEL:0748-23-2211 FAX:0748-24-2026
担当:山田 洋
(お電話の場合は古材担当者とお伝え下さい)

会社概略

1872年創業の木材販売会社で、原木から製材・木材の加工もしており、現在では、主に杉を中心に製材しております。永年、地元の大工・工務店向けに、木材・建材の販売を行ってまいりました。2006年より 新たに古材事業を立ち上げ、古材日和グループでは 中部・関西地方を担当しております

担当者概略

大学卒業後、金融関係に勤めたのち、1992年丸和産業株式会社に入社、2007年に代表者就任。気が付けば25年以上、人生の半分以上に渡って木材業界に従事しています。古材の事業は、それまで携わってきた木材の販売の常識とは違う面も多いですが、新たな需要を掘り起こすべく日々奮闘しております。

関東・東京ショールーム担当 濱本木材株式会社

関東圏の皆様で直接商品をご覧になりたい方はこちらをお薦めいたします

濱本木材株式会社
〒136-0082 東京都江東区新木場3-3-4
TEL:03-3521-7211 FAX:03-3521-7214
※ご来店の場合は必ず事前にご確認ください
定休日:土日祝日
担当:濱本 敦子
(お電話の場合は古材担当者とお伝え下さい)

会社概略

明治39年深川木場に木材卸問屋として創業。 先代より原木、製品、特殊材及び景観施設用木材の輸入販売を行っており、平成18年代表者の交代後 耐久木材に加えて中古枕木、古材取引を開始し現在に至る。

担当者概略

グループ内唯一の女性メンバー。社長就任後、古材に興味をもち始めて間もなく塚田氏と出会う。「女性ならではの感性で古材の魅力をご提案します」
映画を観ること、旅行すること、食べ歩くことがとにかく大好きな東京生まれの下町育ち3代目。

九州・沖縄担当 有限会社 佐藤木材店

有限会社 佐藤木材店
〒811-3406 福岡県宗像市稲元2-5-16
TEL:0940-32-3416 FAX:0940-32-3416
担当:佐藤 基久
(お電話の場合は古材担当者とお伝え下さい)

会社概略

次男である現代表は日田出身。日田市の製材所は長男佐藤治幸が引き継ぎ、杉の販売拠点として福岡で商売を始める。当時田んぼが広がる宗像郡(現、宗像市)稲元をその地に選び、店を構えた。出展当時は、週末日田杉をトラックに山の様に積み込み販売、又週末日田に向かうという事を繰り返した。その後、お客様の要望に応え取扱品目を日田杉に限らず日本全国の銘木や海外からの輸入木材に加えてキッチン、バス等の住器建材の販売も始めた。

担当者概略

現取締役で長男の佐藤基久が平成6年より吉野杉や東濃檜を扱う木材卸売問屋で修行、木材の目利きを養う。その後住宅会社に勤め新築住宅の営業、プランニング等に携わり平成13年帰社、平成27年より古材日和グループに加わり福岡を拠点に九州全県を担当

RECRUIT

採用情報

MORE VIEW