お知らせ

国産古材一例


古材日和グループでは、国産古材の商品開発・販売・調達を強化していきます。国産古材の再利用を促進し流通量を増やすことで、空き家問題や環境問題へ取り組み、社会に貢献できる事業を目指します。

■新商品開発
 国産古材を活用した商品開発に取り組みます。古材を加工した、柱・梁・フローリング・壁材、さらには不燃対応商品まで開発し、幅広いランナップを取り揃えていきます。また皆様が活用方法をイメージしやすい様、施工事例を収集・公開していきます。

■調達強化
 古民家の解体・古材買取を強化し、解体費を少しでも軽減することで、解体費が問題で放置されている空き家問題の解決を目指します。また、国産古材は海外からの輸入古材に比べ輸送距離が短いことからCO2の削減、さらに国内廃棄物の削減などにつながり、環境に優しい事業を目指します。


※本件に関するお問合せ
古材日和グループ本部 塚田木材(株) 塚田浩之 090-5804-4979 htsukada@tsukamoku.co.jp
TEL 0877-35-8177  FAX0877-35-8177 香川県坂出市富士見町1-2-19
※古材日和(こざいびより)グループ:古材の収集・販売を目的とした全国5社の木材業者で組織された企業グループ。本部は塚田木材株式会社。ホームページ:www.kozaibiyori.com
 
 
 




ファイルを開く

プレスリリース (PDFファイル)


 
 
 
★参考資料

■古材日和グループが取り組むSDGs
国産古材の再利用を促進することで、
1) 原料の調達を海外からの国内へシフトすることで、輸送距離を減らしCO2の削減を行い、気候変動対策への一助となる。
2) 廃棄物の発生を削減し、環境上の悪影響を軽減する。
3) 木材の有効活用を進め、無駄な森林伐採を防ぐ。






 
 
 
■国産古材を活用した商品一例


古材の丸太をカットして寸法をそろえた柱・梁材


バラバラであった古材板材の巾寸法を数パターンに集約、厚みも極力そろえることで、使いやすくした壁材。


 
 
 
■国産古材を活用した施工事例


テーブルに国産古材の板と角材を活用


床に国産古材の板を活用


玄関ドアに国産古材の板を活用