お客様のご希望にそった解体工事をご提案させていただきます。

こちらは築80年以上の古民家物件で、母屋60坪程度、小屋40坪程度、計100坪の案件になります。
母屋の屋根は茅葺き下地にトタン貼りとなっておりますので茅の処分が少し大変ですね。
でも古材ハンターとしてとても魅力を感じるのが茅葺き屋根構造になります。
煤けた梁材はしっかりとクリーニングすることで絶妙な光沢を生み出し着色なしでもお使いいただけます。
小屋の内部構造もしっかりしてますので多くの材料を再利用できることでしょう。
今回も古材日和グループではお客様のご希望にそったご提案をさせていただきます。





古民家の解体工事をお考えのお客様へ


私たち古材日和グループは「解体」を大事な儀式と考えています。
先祖代々受け継がれた家、子供のころから慣れ親しんだ家、また自らが苦労して建てた家、家とは様々な思い出が詰まった場所なのです。
その家が解体されるということは、思い出の箱が一つ失われるということ。これは大事な出来事です。
皆さんの想いが詰まった家、少しでもその想いを後世に受け継ぐために私たちが出来ること、それが古材の再利用なのです。
御先祖様への供養の為にも、ご家族の思い出の為にも、そして家を愛する自らの想いの為にも、古材の再利用にご賛同頂ければと考えております。




木材のダイヤモンド「古材」その本質を見極めその素晴らしさを表現し皆様へお伝えすることが私達の使命です


「古材日和グループ」北海道・東北 では、秋田杉などの針葉樹系古材から、欅・栗・桜など広葉樹系古材板を中心に数多く取り揃えております。ご要望の材種・寸法・形状等などお気軽にお問い合わせ下さい。
また各種テーブルやカウンター、古材ウォールなどフルオーダー加工も承っております。

古材・古民家解体に関するご質問、お問い合わせは 古材日和グループ 北海道・東北
有限会社 高橋林業 担当:高橋まで TEL 018-882-3504


PMW ファウンドリー メープル


工場や倉庫の床板を回収したファウンドリー メープルには、何世紀にもわたり使い込まれた傷跡が色濃く残されています。
使われていた建物や用途ごとにサイズやテイストが異なり、色調もブラウン系からグレー系の濃淡と幅広く、使い方次第で雰囲気がガラリと変わります。


施工例:ファウンドリー メープル


タグ:古民家解体調査 解体工事 古材再利用 古材 ヴィンテージ パイオニアミルワークス

RECENT

CATEGORY

ARCHIVES