輸送コンテナーの床板がテーブルになりましたーCafe Pit-@大泉学園

Trade Winds Patina


世界中を行き来する海上貨物用コンテナーの床板として使われていた南洋材の古材。
様々な樹種をミックスしてフローリングにしました。
フローリング材と言っても用途はいろいろ。


カウンターの腰板に


什器に



大泉学園のCafe Pit さん。 こちらに6台の古材天板を納品いたしました。
その中にこの Trade Winds Patina トレードウィンズパティーナを使用した天板が1枚あります。
オーナーさんが弊社に来店した際、展示のサンプルボードを見て「これ気に入った!!」ということで
サンプルボードと同じようなデザインで製作しました。 


展示のサンプルボード Trade Winds Patina


出来上がりはこちら



世界で1台しかない天板。 同じものを作ろうと思っても絶対に真似出来ませんからね。
見た目は「ざらついて引っかからないの?」という不安もあるかと思いますが しっかり毛羽を取り
表面処理はしてありますからご心配なく。

現物をご覧になりたい方はこちらへ~~

CAFE PIT
178-0061
練馬区大泉学園町7-6-14
03-6317-1833


タグ:古材テーブル 古材天板 パイオニアミルワークス PMW トレードウィンズパティーナ Trade Winds Patina 大泉学園町 Cafe Pit

RECENT

CATEGORY

ARCHIVES