小学2年生の女の子が素敵!と唸った古材空間です。


古材日和九州店長佐藤基久です。
古材を納品した先には、出来る限り伺い仕上がり、雰囲気など
拝見させて頂いてます。



古材は店舗での採用が多いので、食事や買い物を兼ねて伺うのですが
お洒落で美味しい店が多いので、家族も誘って週末に訪問します。



先日も妻と小学2年生の長女と伺ったのですが、「ここのお店の木材は家の店から入れたんだよ」
というと喜んでいました。


学校の宿題で、週末の思い出を書いて提出する作文があるのですが
こんな内容でした!



喜んでくれて嬉しかったのですが、写真を見て一言注意されました。
「何故、あんな美味しい食事をしたのに写真を撮ってないの?直ぐに食べるからだ」

娘よ、お父さんの世代は食事の写真を撮る習慣が中々根付かないんだよ。


CATEGORY

RECENT

ARCHIVES