日本でここだけ!?古材を刻む高校生!

さかのぼること数か月前、、、とある、一本の電話が、、、
「あの~、高校の建築科の者ですが、、勉強の為に生徒に古材を見せてあげたいのですが、よろしいでしょうか?」
もちろんOKです!ということで地元の先生と生徒の皆さんがいらっしゃいました。

「こんにちは~っ」元気な生徒の挨拶とともに、先生方の中に満面の笑顔の方が、、、
「んっ?、あれっ!、えっ!、、もしかして○○さん!?」
なんと古材の販売先である施工業者の方、つまりお客様だったのです!
今は退職されて、先生になっていたのです!
いや~びっくり!世間はせまいなぁ~!

いらっしゃったのは、地元の多度津高校さんの建築科の皆さん。
創立100周年記念プロジェクトで、あずまやを立てることになり、そこに古材を使いたいとのこと。

話は順調に進みまして、、
選定された古材がこちら!



あずまやは基本的に新材で組むのですが、一部をこの古材を使うとのこと。
サポートする大工さんがいらっしゃるとのことでしたので、さすがに古材の加工は大工さんがするのだと思ったのですが、なんと生徒さんも刻むとのことっ!!



下処理はみんなで釘抜からっ!
学生服での作業がなんか斬新ですね!!



おおっ!やるなっ!高校生!
刻んでます!



真剣なまなざしで古材に全集中!
古材は寸法の誤差やひずみがありますから、新材の加工とは違います。
難しいんです!!



おお!すごい!おみごと!
最近はプレカットという機械で刻むので、古材を手作業で刻む高校生なんて、日本でここだけっ!??



しっかりと古材の柱と梁を組み上げて、さらに刻む!刻む!刻む!
かっこいいなぁ!!



おみごと!しっかりと組みあがりました!
いやぁ~、高校生のみなさんにとってはすごい経験だったと思います。
こんなプロジェクトに関われるなんて、幸せな生徒のみなさんですね!
是非とも一流の職人になってほしいものです!
がんばれー!


追伸:
このプロジェクトの詳細な過程がこちらにまとめられております。
人材不足の工務店さんは必見!!優秀な生徒さんの奮闘がみられます!!
「多度津高校 100周年記念 あずまや建設プロジェクト


タグ:多度津高校  建築科 多度津高校 建築家 あずまや建設プロジェクト

RECENT

CATEGORY

ARCHIVES