世代を超えて引き継がれる古材カウンター


古民家を解体されるお客様からのご相談

古民家を解体して新しい家を建てるのですが、昔から慣れ親しんだ家の材料を少しでもいいので新しい家に使いたいのです。
本当はこの大きな丸太梁をそのまま新築する家に使いたいのですが、設計やデザインの都合もありできなくて、ほかに何か良い方法はないかと考えていました。
素人の思い付きなのですが、この材料からカウンターを作ることはできないでしょうか?

その想い、私達がお受けいたします!



弊社には巨大な丸太をバッサリカットできる大型製材機があります!
この製材機で丸太を板状にスライスしてカウンター材にできる材料を切り出します。
そして、ご希望の寸法通りのカウンターに成形して研磨して、、、、
完成したのがこちら!





寸法:3000 x 400 x 30 mm の美しいカウンターの完成です!

世代を超えて、形を変えて、引き継がれてた古材のお話でした。
今回はいいお仕事させていただきました、感謝!


タグ:古材カウンター 古材丸太

RECENT

CATEGORY

ARCHIVES