古材日和九州改装情報-2

昨年末にかけて、古材日和九州は改装を行いました。
1)打ち合わせスペースの確保
2)ミニハウス、移動ショールーム
3)レンタルスペースの作成
という3つの大きな柱を設けました。

レンタルスペースとは何ですか?
という声が聞こえてきそうですが写真は これです。


内装の正面で迎えるのは九州初上陸!
輸入古材PMW ブラックアンドタン フィフティー フィフティー
外装は、今再注目の焼杉です。上品な仕上がりになっています。
ドアは九州の杉を使った建具です。
「何だ、古材ではないのか?」「いったいレンタルスペースとはなんだ?」
「内装すっからかんでは無いか?」
という声が聞こえてきますが、この場所は古材を使ってお店作りを計画されている方への
チャレンジショップです。
古材は店舗に採用されることが多く、 これからお店を始められる方と
直接お話できる機会が増えました。
皆さん、共通の意見は内装にお金をかけて雰囲気良くしたいが
開店に向けて 費用がかかるので残念ながら妥協される場合が多いようです。
又、毎月の家賃も出来る限り抑えたいというのが本音の様です。

「それならば、事務所の一部に作ってしまおう!」という欲望が
ふつふつと湧いてきていて 今回実現に至りました。
内装のシンプルな部分は、お店のオーナーさんの求めるテイストに併せて行きます。
内装提案も併せて行いますよ!
これを見て「話を聞きたい!」という方お待ちしております。








RECENT

CATEGORY

ARCHIVES