古材と言えば皆さんこれを連想されるのではないでしょうか?その存在感に圧倒されます!


古材を見たいというお客様をご案内すると皆様、丸太梁の磨き込まれた
現物を見て「これが古材だよねー」と嬉しそうです。♪
やはり、古材=丸太、大きな梁というイメージは多いようです。



写真は、工事中ではありましたが店舗、住宅に採用頂きました
古材の丸太、桁を拝見しました。




写真はUSビーム
斧で豪快に丸太を刻んだ跡が迫力です!
髭を蓄えた大男が太い腕で力強く丸太を刻んでいく姿が目に浮かぶようです
(想像ですが(笑)



写真は先日、展示会に出展した際に日本の古民家の丸太を出展しました。
工務店様向けの展示会でご来場の皆様「自分の修業時代を思いだす。」
「良い材料だね!」等嬉しそうです。



そんな世界観に是非触れに来てください。
九州での古材のお問い合わせは古材日和九州
九州で唯一の古材ショールームも必見です!



CATEGORY

RECENT

ARCHIVES